相続税の計算と税額免除

}PgžxQ相続税の計算は非常に複雑です。基本的には課税遺産の総額を計算し、法定相続人の相続分に応じてそれぞれの相続税相当額を求め相続税の額を決めるのですが、その計算には複雑なルールがあるため、詳細には弁護士と相談することが必要です。
但し、相続税には税額免除の制度があり、この制度を知っておくことでまずは納税が必要かどうかの判断が出来ます。
相続税の基礎控除額というものがあり、5000万円+(法定相続人の数×1000万円)が基礎控除額となります。すなわち、配偶者と子供2人の場合には8000万円となり、この金額以内であれば納税をする必要が無くなります。
さらに、相続を受ける人が配偶者のみの場合には、1億6千万円までは控除の対象となるため、納税をする義務が無くなります。
税額免除については、控除額の範囲内であれば納税をする必要はないのですが、法定相続人が誰になるのか、また相続を放棄を行った場合に人数など複雑なルールがあります。独断で納税の有無や納税額を判断すると非常に誤りやすく、誤った場合には追徴課税の対象となる危険もあるため、専門家である弁護士などによく相談して法的にどのような判断になるのかを十分に相談し確認する必要があります。

TOPへ戻る