遺産分割とは

2015年4月19日 / 未分類

相続が始まると、相続放棄や限定承認などの手続きを行わない限り、3カ月が経過すれば単純承認されたことになります。相続が単純承認されたことになれば、被相続人が有していた財産や権利、義務のすべてが相続人に相続されたことになりますが、相続人が複数いる場合は、相続する財産や権利、義務はそれぞれの相続分に応じて共同相続する状態になります。
共同相続をした場合、そのままにしておいても法的には問題なく、遺産の分割請求もいつでも行うことができますが、そのまま放置しておくと遺産が散逸したり、相続権利者が増える可能性があるうえ、配偶者の相続税の税額控除が適用されるためには、遺産分割を行うことが前提となっていますので、できる限り早い段階で遺産分割協議を行う必要があります。
遺産分割の方法は、遺言がある場合はそれに従うことになります。遺言が無い場合は相続者の間で協議することになりますが、この協議には相続人全員が参加する必要があり、誰か一人でも協議に参加していない場合は、その遺産分割は無効となります。
なお協議がまとまらない場合は、家庭裁判所に申し立て、調停や審判を利用することができます。この場合、一般的には調停を申し立て、それでもまとまらない時は審判を求めることになります。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る