控除額について 

2015年4月19日 / 未分類

相続によって被相続人の財産を受け継いだ場合、その受け継いだ金額に応じて相続財産には相続税が発生します。しかし、相続をしたからといって必ずしも相続税が発生するのではありません。相続時にはさまざまな控除の制度が用意されているからです。
もしも、ある家庭の父親が亡くなられた場合、その人の財産は配偶者である母親と子供たちが相続することになります。このようなケースでは配偶者である母親には配偶者控除という制度があり、今後の生活のことを考えた相続税の減額制度を利用することができます。それと同様に子供が未成年者であった場合には、相続税の未成年者控除という制度を利用することができます。
未成年者控除では、子供が満二十歳になるまでの期間、一年につき6万円の相続税控除額となってます。未成年者の場合、たとえ仕事を持って働いていたとしてもまだ十分な金額を給与としてもらっていないことが多いため、このような控除を受けることができるのです。
また、未成年者控除による6万円という控除額を相続税額から引ききることができなかった場合、その残りの金額については未成年者の扶養義務者の相続税額から差し引くことができるようになっています。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る